2016年11月30日

やはりドコモはダメだ

やはりドコモはダメだ
ドコモのマイショップに出かけて行ったんですが
「キャンペーン」について
順番待ちの発券をする係りの者は
分かりません、順番に並んでくださいとのこと。

「期間内にドコモショップへご来店で全員にdポイントプレゼント」
とあるのですが
ここには他のキャリアでもOK.と書いてある。

しかしドコモショップの人は知らないと。
そこでそのドコモショップの中で
ドコモに電話して
この程度のキャンペーンで
知らないというのだが、と話すと
店の名前、担当者の名前を
聞かれて伝えました。
すると数分後
こちらでしょうか?と。

それもキャンペーンの文面にある
ルーレットを回して、
というのではなくQRコードを読み込んで

と変わっておりました。

この話を、かなりいろいろとしたら
うちのAUのiphoneに移行したみんなから
あの
マイドコモショップの態度が気に入らなくて
続ける気がなくなったの分かったでしょうと、
私に一斉攻撃を受けました。

ドコモさん、
企業自体もいまいちなのに
マイドコモショップの監視をしっかりしてくださいよ。

私はいまだにドコモに残っている律義者ですよ。
恥ずかしい思いをさせないでください。
posted by ariel at 00:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

HPで休業、出張とあっても予約DMしてみてください。

HPで休業、出張とあっても予約DMしてみてください。
夜ならば
ダメもとで予約のメールをください。

本日、早朝から
途中
麻布界隈で休憩したけど、
ノンストップで帰ってきたとき
横浜あたりで
緊急の予約DMが入りました。
そこで
男、瑞光、
受けますと
店に向かいました。
結果は長丁場の鑑定でしたが
満足された様子。

無理してでも
合わせられるならば
店に向かいますので
予約DMは入れてみてください。

予約はinfo@fengshui-cafe.com

から
ただし本日はサーバーダウンでしたので
予約DM:追加
arielfortuneoffice@gmail.com


以上
お互いに楽しい有意義な人生を送りましょう。
posted by ariel at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青山墓地にて:移動の合間

青山墓地にて:移動の合間
先ほど移動の合間、青山墓地を通ったので
いくつかの隠宅を見たのですが
誰か風水師が担当しないものでしょうかね?

かなりいい加減に、隠宅が配置されている。

一番感じたのは
墓石の近くにみんな木を植えたがっているということ。
不思議でならない。

あとツタが絡まっているのもあった。

さらに感じたのは
旧、陸海軍関係の墓地だったのか
そのような記述が多いということ。

まあ、西麻布に抜ける途中にある石材店も
かなり風水上よくないからねえ、
仕方ないのかな?

青山墓地は
今、子孫は普通に生活しているのだろうか?
すこし疑問でした。

それでは
午後の日程の場所に向かいます。
今昼ご飯の場所でこれ書いております。

その途中も予約が入ったので
12月の日程HPで後程更新いたします。

それでは。
posted by ariel at 11:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

とうとうアークヒルズの隣が再開発される模様

とうとうアークヒルズの隣が再開発される模様
先日、サントリーホールに出かけたときに
ちょうど、
アークヒルズと新しくできた六本木一丁目の駅に入る入り口のあたりの
民家の近くを地盤調査しておりました。
ということは
あのあたりにも再開発の手が伸びるということでしょう。
ちょうど
サムソン側の入り口付近にも
泉ガーデンができたので
面白い開発になればあのあたりが一層面白くなるのではないでしょうかね。
さあ、楽しみです。
posted by ariel at 07:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真田丸:みんな熱いなあ

真田丸:みんな熱いなあ
昨日観て
驚きました。最後にかけてみんなが熱い。
しかし、
大坂の陣が歴史に残ったのは
この、大蔵卿たちが
これだけ、頭が悪いせいで
最後の戦いを挑まなければならなくなったからと言えるのです。

あのまま、真田丸を残して持久戦だとしたら
どちらが不利になるか、意外と微妙ではないでしょうかねえ。
そしてそれだけでは
人々の心に残る戦にならなかった。

やはり、タイトルと異なりますが
夏の陣の後に引けない、潔さがあったから
その前に優勢になっている展開が
口惜しさとともに
同情を生むのでしょう。
本当に
戦国時代は
面白い。


最後に
「きり」いい感じですねえ。最後どうなるのかなあ?
一緒に幸村と戦いに行くというのが私の好みの展開です。
posted by ariel at 00:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

ヤンソンスのマーラー9番

ヤンソンスのマーラー9番
いまだに耳に残っている。
どうのこうのというよりも
先ほども電車の中で書いておりましたが

オーケストラの音の世界、それがマーラーの9番。

オーケストラの音の祭典、それもどの楽器も平等に。

さあ新しい音楽の世界を開こう、それが
マーラーの叫びだったのではないか?

そして進化する予定だった
その究極の曲は9番。

思わず、そんなことを感じました。

ヤンソンスのマーラー9番は
死とか愛とか、というよりも
純粋たる音楽としての音の
玉手箱のようなものでした。

ヤンソンスが指名した演奏家たちはみんなうまかった。

このような音を毎日聞けたらなあ、という欲張りな
願望が生まれました。

個人的には
生まれてから(第1楽章は、生まれるまでの愛の営みから
子宮のなかと言う感じでしたが)
青年期
活動期
死への過程
ととらえられましたけどね。
違うかな?

まあ個人の感想ですから。
posted by ariel at 21:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーラー第九 バイエルン at サントリーホール

マーラー第九 バイエルン at サントリーホール
公式サイトはここ
https://www.japanarts.co.jp/concert/concert_detail.php?id=480
バイエルン放送局の収録が入っておりました。

とにかく、各パートが自分の最高の演奏をする
という形でポリフォニー完成、
最高の名演が生まれていたと思う。
オーケストラの音とはここまで
シンプルに鳴るのか、と感心しました。
最後のピアニッシモが
弦を離しても鳴り続け、その後の静けさ、何とも言い難い瞬間でした。
この瞬間
名演は生まれた。
ヤンソンス自体も満足したかのように
何度も何度もステージに出てくれました。

さてと

第1楽章:死、アルマとマーラー
マーラーの第1楽章。ここを楽しめなければ、来た意味がないという。
「死」というが、なんかロマンティックな雰囲気を持つ。しかしそれが簡単に崩れ去るところがたまらない。
もしかしたら
第4楽章が「死」で、ここは生命の誕生かもしれない。




第2楽章:死の舞踏。ヤンソンスのテンポ



第3楽章:わざとらしいはちゃめちゃ(英雄の行進のように迫りくる):バイエルンの対応というか演奏
ロンドの中間におけるハープ
最後のプレスト
ここは個人的には
第一楽章で客観的な「死」を描き、第2楽章であの世の死の舞踏の世界を描いた後、第4楽章に至る個人のなかでの精神的
安定のアダージョの前の
狂う寸前の精神的な圧迫を描いていると思うのです。オーケストラのフィニッシュの仕方は
すごい迫力です。


第4楽章:マーラー的アダージョ:死の地平
バイエルン的ヤンソンスの描くマーラーのポリフォニー。各ソリストが競い合うように
良い音を奏でていた。そこまで引き出させるヤンソンス。

とにかく
IPOとBBLとの「奇跡の競演」以来
マーラーの音楽に接しておりますが
精神の病的なまでの揺らぎ、ととらえていた音楽が
数々の演奏の前に
すこしづつ姿を現してきたという一端の演奏会でした。

私は
これという演奏会にしか
マーラーを聞きにいかないことにした。

そして
私の今回の演奏での解釈
生命の誕生から、生涯を描いて
第4楽章にて安らかなる死を描いたというものです。
となると
私の今までの解釈たる
「死」の第1楽章は生命の誕生の不思議、そしてロマン
「死の舞踏」の第2楽章は、青年期の秩序と反発
「ロンドとして、ハチャメチャな音楽」は現実世界との折り合いがつかない
マーラー自身の精神世界。しかし頑張っている様も表現していると思う。
結果、社会的批判あるいは既成概念との違い、そして錯乱、この繰り返しがロンド。
「死の地平、アダージョ」ここに安らかなる死が表現されていると思いました。
もしかしたらこのようにとらえた方が分かりやすいと思ったし
ヤンソンスの理解もこれに近いのではないかと思った。

最高の公演でした。
ブラヴォー。
posted by ariel at 17:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

匂いケアというよりも食べ物ケア

匂いケアというよりも食べ物ケア
先日、匂いケア
の事を書いたのですが
ちょっと面白い話があるので一つ。
それはいくら匂いケアしても
食べ物が
化学調味料を多く食べている人は
毛穴からどうしても化学調味料の匂いが出てるという。
また口臭もどうしても化学調味料の味に偏るという。
これは
かなり、知り合いの料理人に共通している見解です。

まあちゃんとした材料のものを食べている人が減っていることで
これまでと違う匂いが生まれているという皮肉な話です。

もしかして、
マクロビオティックやスムージィーにこだわっている人はもう認識しているかもしれない。
posted by ariel at 11:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

経済格差がインフルエンザとかノロウィルスを蔓延させる

経済格差がインフルエンザとかノロウィルスを蔓延させる
前から思っていたことなんですが
休めない、休むと生活ができないという人たちが生まれてしまって
彼らが
インフルエンザとかノロウィルスでも
休まないというのも一つの理由にあるのではないかと思います。

ノロウィルスなどは
知識の問題かもしれないが
危ないと思っても
代わりの人間がいなかったり、
時給の関係で休めなかったりするというケースは
想像に難くはない。

インフルエンザは子供経由でしょうが
スマホで両手フリーの状態になっていて
「らしい」潜在患者が拡散防止しないですからネ。

だんだん受験が近づいているので
細心の注意を払いたいものです。

どちらも
本人もきついけど
周りもすごく迷惑な病気です。
この自覚を持ってください。

周りに患者がいたときはマスクでも防げないと思う。
まずは体力。
posted by ariel at 10:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クドカン、大河、なんとなく

クドカン、大河、なんとなく
「オリンピック」直前の日本とは言いながら
アメリカングラフィティの日本版
ジャパン・グラフィティになるような気がする。
音楽は
演歌から
美空ひばり、江利チエミ、ピーナッツなどからグループサウンズ。
高度経済成長のイケイケモード。
そして
急に欧米化。
ここでもロカビリーとか使われそう。
そういえば帽子も
流行りましたよね。
丈の長いコートとともに、
シルエットが急に変わりだした時代です。

街も高層化して空が減った時代でもあります。

本家のアメリカングラフィティ
ロードショーに行ってしまった私からすると
その感じの雰囲気をすごく楽しみにしております。

さて、どんな大河になるのか楽しみです。

それはそうと
カルフォルニアのサンフランシスコの少し上のところ
(これは当時の記憶ですが、もしかすると
ロスアンジェルスの少し上だったかな)とにかくシアトルに向かう途中
この映画のような街がリアルにありまして、
まじめな話
この映画のようなシーンがいたるところにあったと思いました。
あれは楽しかったなあ。

名前覚えていないんですよ、町の名前。

そんなところ至るところにあります。例えばスペイン。
確かマドリッドからフィゲラスに向かって海岸沿いを走って行ったときに
たまたますごく陽気な明るい街があったのですが、
パフェの量がすごく、また街がカラフルで楽しかった。
しかし町の名前覚えていないんですよ。
まあ思い出としてあるんですけど。それも頭の中に。
当時から写真撮らなかった。
いまならスマホですぐにSNSにUPするんでしょうけどねえ。
posted by ariel at 00:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

ヤンソンスーバイエルン、神戸公演安いなあ

ヤンソンスーバイエルン、神戸公演安いなあ
公式サイトの価格
https://www1.gcenter-hyogo.jp/contents_parts/ConcertCalendar.aspx?md=5&ko=4280911323

おい、おい
なんだこの価格。
東京をなめているのか?と思ったよ。
しかし川崎ミューザも同じような値段。
関西はなんで
大津と言い神戸と言い
安くできるんだろうか?

この値段なら2回行けるでしょう。東と西の価格差どうにかなりませんかね?
そう、月曜のコンチェルトもね。
またはティーレマンもね。
posted by ariel at 00:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

校閲ガール:最後の歌が良いねえ

校閲ガール:最後の歌が良いねえ
歌手のYOUTURBサイトはここ
https://www.youtube.com/watch?v=PAr1_c_lLGw

始まりは、ユーミンの「十二月の雨」
そして、えっちゃんが頑張った後に
先ほどのサイトの音楽が元気づけてくれる。

ドラマは元気印のえっちゃんに絞られた感があるが
仕事に夢中というのも良いと思う。
ただドラマとしては
すこし停滞している。
問題は
本田翼は邪魔をするのか?だけですね。
まあ気持ちは固まっているから安心できるんでしょうけど。
posted by ariel at 00:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

匂いケアの商品が増えたねえ

匂いケアの商品が増えたねえ
どこでも
匂いケア、というキーワードの商品が増えたと思います。
加齢臭ケアは当然、
消臭スプレー
洗剤まで匂いケア。
何の番組か忘れましたが
CMが3本くらい続けて
消臭、匂い、脱臭,
抗菌かな、このキーワードが続いたときは
さすがに行きすぎだな、と思いました。

確かにたしなみとして必要だと思うが
ここまでくると
冬の化繊系のうちに着るものまで
汗のにおいが落ちないとなる。

無臭文化が完成される。
しかし人間は生き物である。
生きているからには
匂いは出る。
これを否定しては
何か忘れていると思うのです。
その人の匂いというのが愛おしいときもあると思うけどねえ。
まあいいか。
posted by ariel at 10:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

大恋愛って何だろうね。

大恋愛って何だろうね。
以前、舞台「大恋愛」について書きました。
懐かしい芝居です(エビス再開発の時の劇場で上演された作品、あまちゃんメンバーの原点みたいな感じ)。
ここでも恋愛ごっこにとどまっていた。
当時は、「好きです」と面と向かって言うのが恥ずかしい世相がありました。
その後
数年前、実は今、純愛がブームではないか、と書いたわけです。
純愛というのは
形が変わると、今流行りのガッキーのドラマみたいに
気持ちだけで、肉体関係のないピュアなもの、と考えられると思う。
しかし純愛は
昨日の相思相愛パターンです。

でも、冷静に考えて
相思相愛なんて、あると思います?
自分が好きな人が、自分を好きになってくれるなんて、あると思います?
あるとしたら
一緒に仕事したり危機を乗り越えたりしたときでしょう。
これって恋愛映画、恋愛ドラマなわけです。
だから
映画のような、ドラマなような恋をした時、
本人同士と周りの認知があったときに成立すると思うのです。

では大恋愛とは?
そこに
「ロミオとジュリエット」のような瞬間で燃え上がり
さらに障壁がある場合、それでもお互いの愛を貫こうとした場合なんでしょうかねえ?
ちょっと疑問です。
あんなケースそう簡単にない。

私が大恋愛だと思うのは
時間が必要なんです。
ある時を経ても変わらない気持ちが必要なんです。
そう昨日で言う「想い」。
これを持ち続けて
かつ
偶然、再会するパターン。
だんだんドラマになるけど、しかしここにお互い家庭や仕事のしがらみがあり
一緒になれない事情がある、それでも
昔の気持ちを貫きたい、そんなときに生まれるのが大恋愛だと思うのです。
家庭があるということは
妥協の結婚もしたんでしょう。
だけど、やはり好きなんだよねえ、それを忘れることができないんだよ、という感じでしょうかね。
破滅するしか道は残っていないようでしょう?

しかしあるんだこのケースが。世の中人間の数だけ
恋愛パターンがあるんですよ。本当にいろいろな出会いがあるんです。

そのなかで
上記のように
時間を経ても変わらない気持ちを認識したときに
自分の本当の気持ちを知るのでしょう。

だから出会ってすぐに大恋愛はないと思う。それって単に自分たちが思い込んでいるだけ。

もしチャンスがあれば
人生で本当に好きだった人って誰かな?と考えて
その人がいそうな
同窓会なんて参加してみるのも手かもしれません。ご参考までに。

えっ、女子高?男子校?だったって、それは知らないよ。
posted by ariel at 11:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

窓ガラスにカラスが激突して死んだ

窓ガラスにカラスが激突して死んだ

やはり今週は
地震を覚悟した方が良いと思います。

今都会では
カラスはいやがらせしかしない。
そのカラスが
自爆とは
何かあると思います。

ちなみに
カラスは
日本では
違う種類ですが
八咫烏として聖なる
鳥でもある。

世界でも
聖なるものとしてとらえる地域は
いくつかあると思います。
文化的相似性あるのでしょうかね。


一応報告まで
posted by ariel at 13:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋愛と結婚の違い

恋愛と結婚の違い
両者は似ているようで異なると思っております。
当然、恋愛の延長で結婚という人もいる。
同棲9年、そののち結婚というケースもある。
なんでもっと早く結婚しなかったんだ、と思うけど、
戸籍にバツつけたくはないんだよね。

それで恋愛と言われるものにおいても
相思相愛なんて実はそんなに多くない。少なくても
途中、どちらかは惰性になっている場合が多い。
なのに恋愛を求める人が多いんだよね。

さらに言うと
恋愛結婚の末
不倫、罵倒の喧嘩のあげく離婚というケースも数多く見てきたし
周りにかなりの数でいると思う。
本日うまくまとまるかどうか微妙になってきているけど
不倫に関しては
優秀な企業に勤めていて、だれが見ても幸せなカップルと思われる人の間にこそ
多い気がする。
理由は簡単なんですよ。
不倫も経済力がものを言う。ここでも格差社会。
さらには幸せそうなカップル、というものを作れる人は
ほかの人に対しても魅力的に映る。だからオファーは多い。
オファーされれば、それこそ好みの異性ならなびいてしまうというのも
あるんですよ。
これもはっきり言うと余裕ある生活から、甘い感覚になってしまうんですけどね。

閑話休題(戻れないかもしれない)

格差社会の中では
恋愛なんて自由ではないんですよ。異性に好意を持つのは自由。
しかしそれさえも、自制するような風潮にある。
ないしは2次元に走る。
負け組はなかなか不倫をしないんですよ。するとしたら
昔の村社会的な男女関係において
「夜這い」的な不倫でしょう。

さてと
結婚について
結婚というのは何回も書いておりますが
両家の家族結合です。
そこには契約ごとがあると思うのです。
その契約がどこまでかは、その両家の規範において異なる。
しかし
その契約を逸脱したら
離婚です。
ですから契約における義務がかなり生じる。
恋愛と徹底的に違うことはこの点です。
お互いに興味があり、ないしは経済的打算において
結婚する。しかしそこでは
すぐに義務が伴う。
恋愛は、同棲は
嫌になれば別れることができるんです。
ここが決定的に違う。

恋愛と結婚は別、と思っていた方が良いと思います。
これは女性の方が理解している。
男の方が弱い。
しかも、結婚してから
こうではなかった、という場合が圧倒的に多い。
恋愛ではないんですよ、と言っても
恋愛経験が少ないからこのケースはダメ。

では恋愛を多く経験したい?
そんなことの方が今は難しい。
だから相手の良いところを見つける努力は必要かもしれない。

人間、誰しも良いと思われえるところはあるんだな、これが。そこだけ見ていれば良いんだけどね。

やはりまとまりが悪いな、本日はこれにて失礼。

あっそうそう、恋愛問題や相性問題に悩んでいたら
相談にのります。
電話:045-663-9477
メール:info@fengshui-cafe.com

風水茶房です。と宣伝を忘れずに。
posted by ariel at 10:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

サッカーってJリーグ誕生で随分と一般化したんだが。

サッカーってJリーグ誕生で随分と一般化したんだが。
サッカーって今の人たちは
かなりメジャーなスポーツ
という印象があると思いますが
私にはすごく印象的な言葉があるのです。
それは
Jリーグ誕生でお祭り騒ぎになっていた時
昔からサッカーをやっていた友人が
サッカーの試合にこんなに人が入るなんて隔世の感がある、と
言ったのを覚えているからです。
彼曰く
日産の試合なんて、今年(Jリーグの誕生の年の正月までやってましたよね)
閑古鳥が飛んでいたのにね、と。

私の印象は
サッカーはやっているのはわかっておりましたが
どちらかというと
ラグビーの方が人気があるといった印象でした。

ラグビーは
新日鉄釜石から神戸製鋼へと王者が移っていた時で
私も試合を観に行ったものです。
当時の王道のスポーツは
当然野球で、
学生時代を思い出しても
野球部は
文武両道ぽい生徒
サッカーは
アウトサイダー的な生徒と個性が違っていたような思い出があります。

そのサッカーの環境の中で
今の欧州組は
すこし
このようにJリーグがはぐくんできた環境にあぐらをかいているような気がする。
具体的には
レギュラーで出ていない人の意見を聞いた時の感想です。
そして
いま、また横浜では野球の方が人気がある。
マリノスはどうしても集客できない。
せっかく世界に開いた道
閉ざさないようにしてもらいたいものです。
posted by ariel at 11:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

しょうがを食べるときは皮ごとが香りが良い

しょうがを食べるときは皮ごとが香りが良い
私は、よく料理にしょうがを使うのですが
新ショウガ以外でも
しょうがは皮の汚いところというより泥をとると
そのまま切って料理に使うことにしております。
それは圧倒的に
香りが良いから。

あと、ゲドックスとかいうと胡散臭くなりますが
すこし調子が悪いときや
胃の調子が悪いときに
しょうがを食べると
かなり効果があると思いますよ。

いわゆる
旅先で
あまり食が進まないというときは
ないしは
胃の調子が良くないというときは
まず、八百屋に行って
しょうがを買うと良いと思います。
多分八百屋ならば
理由を話せば
すこしは包丁を入れてくれると思うから。。。

スーパーはなかなか難しいと思う。

まさに
旅先で
しょうがを探して食べるなんて昔の
武士や忍者のやることでしょうかね。笑


日本は湿気がすごいから
このような香りのもので薬味と言われるものを
多用しているのです。
それを使わない手はない。

最後に話は変わりますが

先日神島について書きましたが
今、日本の、伝統的なところは
外国人ばかりでしょう。
最後に
日本再発見みたいな旅行をしたのは
15年くらい前までですが
その時でさえ、日本古来と思われるところには
外国人が多く、
その人たちとは
次の場所でも出会った記憶があります。
外国人の方がよく調べている。
posted by ariel at 12:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

やはり、地震に注意

やはり、地震に注意
先日も書いたばかりですが
本当に近いうちに
来るような気がして、事前の準備万端にしてくださいという趣旨で書きました。

理由は
ニュージーランドの地震との呼応

もう一点
おととい
地震雲の観測

さらに

11・23日前後危ないと以前から言われていること。

私自身も
とうとう来るかな、と覚悟を決めております。

何回も言っておりますが
土地関係は
確実に買いではなく
売りです。

タワーマンションも。
タワーマンションは直撃の
大きな地震を受けていない。

一度ダメになったときの
立て直しの作業が難しい。

まあ、とにかく、出先で
常に
どこに逃げるべきか、考えながら行動してください。

例えば東京
山手線内は
皇居に近づいていた方が安全かもしれない。
神奈川方面は逆に帰ってこない方が良いかもしれないという選択肢は
持っていてください。

あと、住宅密集地火災に注意ですねえ。

日本に分散して親戚がある方が強いかな。ないしは海外に親せきがいるとか。

時が来年にずれて
トランプ政権のもと「お友達作戦」あるかな?
posted by ariel at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

伊勢のついでに「神島」への旅の勧め

伊勢のついでに「神島」への旅の勧め
神島とは
WIKIから
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E5%B3%B6_(%E4%B8%89%E9%87%8D%E7%9C%8C)

三島由紀夫の「潮騒」の舞台であり
「潮騒」を持参すると
そのままの世界が残っている。

まあ途中の船は
答志島を出た辺りから波が荒くなり、
船酔いをする人が多い。
まあ不便もある。
そして日程上
一日はかかる。

しかしここはお勧めの場所です。

日本の島は
かなりお勧めの場所が多い。

ぜひ、行かれることをお勧めする。
伊勢のついでには
別宮で、伊雑宮
ここ
http://www.jingukaikan.jp/125mairi/m12/1201.html

もお勧めです。


この二つと
通常の伊勢をプラスすると
何か見方が変わると思う。
そして次どこに行くか分かってくる。
posted by ariel at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする