2017年12月31日

幸せって意外と近くにあるもの

幸せって意外と近くにあるもの
今年の締めくくりにこの言葉を送ります
「幸せは誰に元にある。
そしてそれを感じることができるかどうかは個人次第。
不平や不満も誰にでもある。
不平を言いながらもそれを言える環境を考えてみると
意外と幸せだったりする。
逆説のようですが
不平なんて、余裕がなければ出てこない。
人と比較しなければ出てこない。
それをできるということは
まだ幸せです」

このような言葉。つたない言葉ですが
今年最後の言葉として皆様に送ります。

本日明日と
日帰りで出かけて
自分なりに選択した美味しいものを食べてきます。
当然ご報告なんてしませんし
インスタなんてUPしません。
posted by ariel at 22:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とにかく混んでいる

とにかく混んでいる
どこに行っても人ばかり。
そしてキャリーバックが氾濫して足下が危ない。
開いている店も限られているので
開いている店で食事を済ます人が多い。
単価2000円くらいは覚悟しましょうね。
予約したもの勝ちでした。
さてと
おなかいっぱいになったので
帰途につきます。
しかし
本当に人がどこにでも出ている。
パンを買ったのですが
ライムギパン、それほど大きくなくて990円って。
どんな味なんだろう。
そこってイートインもあるんですよ。
軽く1500円越え。

まあ、出かけるときはご覚悟を。

また夜帰ったら少し書きます。
私はちなみに1月以上前の予約ですので
美味しく適正価格で食べられました。
posted by ariel at 14:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

年末年始の日程

年末年始の日程
一応本日まで
新年は未定です。
とにかく
予約がありましたら予約メールまでお願いいたします

予約メール
info@fengshui-cafe.com

ないしは
HPのトップから
http://fengshui-cafe.com

FB
https://www.facebook.com/fengshui.cafe

更新はFBが一番早いと思います。

なるべく機動的に動けるようにいたしますので
よろしくお願いいたします
posted by ariel at 12:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

急に幸せになりすぎて怖い

急に幸せになりすぎて怖い
これよくあるパターンです。
ずっと彼を、いや結婚相手を探していたら
すぐ近くにいたなんて言うパターン。
映画で言うところの「ひかりのまち」状態。
ちなみにこの映画もお勧めです。
意外と決まるときはとんとん拍子です。
しかしそのとんとん拍子になるためには
種をまいておかなければならない。
その種が急に実るのです。
さてとお幸せな人生を。
posted by ariel at 10:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

私はスマホが音楽再生機になっている

私はスマホが音楽再生機になっている
一番、私が使いたい使い方は音楽を聴くこと。
ヘッドフォンやイヤーフォーンにも
こだわりたいが、そこそこのものを用意して
音楽を聴く
これが一番。
あとは
電話の音声録音。
これも意外と便利。

とにかくデジタルデータを利用するということだけで十分。
ネットには
有用なデータもあるかもしれないが
自分の好きな音楽を自分でカスタマイズして
持ち歩く。それだけで十分。
ソニーがウォークマンで世界で一番初めに提示した使い方です。

SNSはlinkedInというのも始めてみました。


SNSはまあ楽しいつながりは出始めております。
どんな展開になるのか柔軟に観ていきたい。

ただお客様が
不倫で使う、使い方は
いまだにわからないですね。

昔書いたように、すごい出会いがあるのです。
昔書いたブログ探してください。
今の時代、そんな事軽くかけない

裏のないつながりというのはいいものです。
うまくいくとよいが、難しい。
ただ入力はもっぱら音声入力ですねえ。
手で入力して意思を伝えるのは難しいですよ。
いわゆる口語でやり取りしたい
posted by ariel at 11:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

サンクトペテルブルグ・アカデミー・バレエ「白鳥の湖」AT  オーチャード

サンクトペテルブルグ・アカデミー・バレエ「白鳥の湖」AT  オーチャード

公式サイト
https://www.impres-tokyo.com/event/%e3%83%ad%e3%82%b7%e3%82%a2%e5%9b%bd%e7%ab%8b%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%9a%e3%83%86%e3%83%ab%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%b0%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%87%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%bb/
ここがわかりやすい
https://news.goo.ne.jp/article/spice/entertainment/spice-156537.html

アンドリアン・ファジェーエフは今ここにいるんですね。
ちょうど10年くらい前までマリインスキーでバリバリの現役でしたから
芸術監督というのは意外なイメージしかない。

まあ、無難な「白鳥」でした。オケのテンポを
遅くして踊りに合わせたりしていたので
テープの公演は
合わないだろうな、とか思ったりもしました。
オケ付きなの東京公演だけなんですよね。
あと、収穫は
オデット・オディールのエレーナ・チェルノワ
。最後のレヴェランスを観ていると
きちんとした先生に学んでいたんだろうな。と思わせてくれました。
彼女は手が「白鳥」の主役には若干短い。
それだけで、ほかの演目も将来的に観てみたいと
思わせてくれました。このオデットが一番の収穫です。
目の保養になりましたから。年末の最後のバレエとしては
個人的には合格です。
キエフなどもマトヴィエンコの奥さんではなく若い子を使うとよいのに、と
思いますね。
他にも
大きな白鳥の中にも主張のある踊りの子もいて
コールドも一番前は、おっと思わせてくれるダンサーでした。
その分楽しかった。

そうそう。終わりは二人でロットバルトを退治して幸せになるパターンです。
やはり私はこのパターンが一番好きですね。
それも中央で二人できれいにリフトが入って終わる、見せ場となります。
この辺から、カーテンコールにかけて
レヴェランスの良さとあいまり、最後までよい舞台でした。
ステファン・デョーミンのジークフリートは褒めたい。そんな立ち姿の良さはあるんですが
ちょっと踊りはまだまだ。でも
見栄えはするダンサーでした。

まあ、すべて込みで
満足はする内容でしたし、そんなにチケット代も高くはないんので
帰途、幸せな気持ちになりました。
posted by ariel at 23:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンサート会場のマナー

コンサート会場のマナー
さすがに本日は注意もしませんでしたが
私たちの両隣ともかなり場所に関して
肘当てを占有するタイプの高齢者でした。
性別は男と女。
基本的に
高齢者ばかり、それでトイレも行列、移動のスピードも遅く
会場の雰囲気がもわっとしたものを感じ
、その空間にいたくないと思って
なるべくオペラやバレエのコンサートに行くのをやめるようになったのですが
やはり
同じ思いをしてしまった。
やはり気を付けていかなければならないと自戒したものです。
 本日はバレエの公演でこのような思いをしたので
オペラは、、また一段と進んだのでしょう。
というのは簡単なことで
新規に観に行く層がいない。ということは
観客はどんどん高齢化する、ということ。
新規の人は新国立劇場が精いっぱいの感じでしょうかね。

しかし、咳はし放題、話というか同伴の人と会話はし放題(
あそこはマイナスね、とか聞こえてきたらしい)
足は組んだまま、肘はこちらまで食い込む、
はい、私は小さな思いで観ておりました。

それでいてこの年齢層を取り込んでもいっぱいにならない客席。
もう公演はいらないのかもしれない、とさえ思います。

マナーについて。肘当てはお互いに使わない。
私語厳禁。咳は手を当ててする、くらいは守ってください。
posted by ariel at 17:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末にかけて体調管理をしっかりと

年末にかけて体調管理をしっかりと
大掃除もあります、イベントもあります、
とにかく年末年始は忙しい。
そこで
この時期、
クリスマスのあと、
体調を今一度リセットしてみてください。今年は
カレンダーの関係で
病院の営業を知っておいた方が良いと思います。
あと休日診療。
休日診療は
横浜なら、桜木町駅前
歯医者は関内
ペットは第三京浜の近く
ともに
すごく混んでますよ。
かなり前、私もお世話になったことがあったんですが
年末年始のスケジュールめちゃくちゃになりました。

旅行で1500キロとか車運転して疲れが出たんでしょう。
最近では関西への年末年始の旅行は行かないのですが
、予定は決まってます。
楽しい予定を入れたので
楽しみたいですよね。
今一度体をリセットしてみてください

食事を抜いて寝るというだけでも随分と違いますよ。
胃を休めるという発想です
posted by ariel at 09:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

今年のクリスマスは、らしくなかった

今年のクリスマスは、らしくなかった
クリスマスの雰囲気がここまでなくなるのは
珍しいですね。
今ではハロウィンの方が盛り上がるのかな?
しかし
一人でいても仕方ないでしょう、とは思います
ハロウィンが収穫の秋の祭りであって
クリスマスは
冬至の祭りであったのを
まあ
異教徒の祭りを上書きしたかのような
ものがクリスマスですからね。
日本人はだんだん本質がわかって来たのかもしれない
神嘗祭は10月だが緯度の関係からすると
ほぼハロウィンの秋の祭りと同じ発想と考えられると思います。個人的な見解
posted by ariel at 20:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読み放題プレミアム by ブック放題 ヤフープレミアム会員だがソフトバンクでOK

読み放題プレミアム by ブック放題 ヤフープレミアム会員だがソフトバンクでOK
この記事
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1712/25/news100.html

実際に見てみたんですが、そこそこ使える。
どんどん差別化が進んでいくという感じはします。

ソフトバンクやワイモバイルのユーザーは自動的に
Yahooプレミアム会員ですので
無料利用可能。
ぜひ使ってみてください。

しかしどんどんサービスが良くなっていく。
こんなのありなのか?とさえ思う。
簡単に使ってみた感想は
便利すぎて困ってしまう。
スクリーンショットもとれるし、
雑誌記事に書き込みもできる
どんどん便利になる
posted by ariel at 11:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

電車の中の嫌なやつ:そんなに座りたいのか

電車の中の嫌なやつ:そんなに座りたいのか
まあ時がたっているので書けるんですが
六本木1丁目で確か乗ってきたと思う。
体はすごく太っていて
身に着けているものはそこそこのもの。
彼は
私と隣の女性の前に立って
下に向けるように
咳をどんどんしました。
私はマスクで応戦。隣の女性も
いやな顔をしましたが
我慢していたみたいです。
この男性は
目はどんな表情をしているのか見えないくらいに太っている。
しかし乾いたまなざし。
それで
私も普段ならどいて、立つのですが
その時は我慢した。
しかし
あまりに激しいのでどうしようかと思っておりました。
すこし意地になっていたかもしれない。
さらに彼の行動が、ほかの席が空いてもそこに座りにいかない。
そして相変わらず下向きに咳をする。
結局、surfaceで作業をするふりをして
彼の写真を撮りました。
そのことは彼からすると
地下鉄なので、窓に映った私のsurfaceの画面で分かったと思う。
そして、
家族にトラブルになるかもしれない、とメールしておきました。
この撮られたという気持ちが大きかった。
ほどなく、咳をやめ、最終的に田園調布まで座れないまま
そこで降りました。
彼が下りて行った瞬間電車の中が「ほっと」した雰囲気に包まれた。

あとで、意地になった私がいけなかった、と思いましたが
南北線って帰り六本木一丁目のみが混むので
座れる可能性があると思ったのでしょう。
あと、すぐ降りそうな人の前に立つのでしょうが
うまくいかないときもありますよ。
しかしだからと言って嫌がらせはやめてほしい
posted by ariel at 12:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あまりにも歩道を自転車が走りすぎる

あまりにも歩道を自転車が走りすぎる
まあ、うちの店の近くは特にですが
歩道を自転車を乗ってかなりのスピードで走るケースを
よく見かけます。
私も
最近ではわざと
道を開けて通ってもらっております。
しかし
こちらのサイトにまとまっておりますが
歩道を自転車が通れる条件はここ
http://law.jablaw.org/sw_swtc

基本的に自転車は車道通行なんです。
これって当たり前なんですが、
これが通用しないか勘違いされているから
歩道での自転車通行になる。
そして歩行者とぶつかる危険が増す。
そろそろ歩道は降りて自転車を押してもらいたいものです。
posted by ariel at 10:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あまりにも歩道を自転車が走りすぎる

あまりにも歩道を自転車が走りすぎる
まあ、うちの店の近くは特にですが
歩道を自転車を乗ってかなりのスピードで走るケースを
よく見かけます。
私も
最近ではわざと
道を開けて通ってもらっております。
しかし
こちらのサイトにまとまっておりますが
歩道を自転車が通れる条件はここ
http://law.jablaw.org/sw_swtc

基本的に自転車は車道通行なんです。
これって当たり前なんですが、
これが通用しないか勘違いされているから
歩道での自転車通行になる。
そして歩行者とぶつかる危険が増す。
そろそろ歩道は降りて自転車を押してもらいたいものです。
posted by ariel at 10:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

「ゆず」のコンサートだったみたいだ:文化体育館

「ゆず」のコンサートだったみたいだ:文化体育館
昨日、文化体育館の前を通ったら
何かイベントをやっていたんですが
そこにいた人は、ほとんど「20」の背番号を入った
スタジアムジャンパーを着ていた。
ベイスターズの「20」って誰だっけ?とか考えていたら
違うことに気が付いた。
ほとんどが女性。まあこれも最近のベイスターズのファンと
違うことはない。
それで少し気になって
入り口付近まで行ったら
「ゆず」のコンサートでした。

確かに伊勢佐木町で
邪魔なくらいお客様がいた路上ライブの場所から近い。
「20」というのは20周年記念とのことらしい。

それで、自分たちを見守ってくれた初期のファンがいるところで
コンサートなのか、とやけに納得。

そういえば数年前
これもたまたま前を通った時
「小田和正」コンサートに出くわしたことがある。
彼も地元ですよね。あれ、小田和正さんのっことを彼も、なんて言ってはいけないですね。

地元の人たちは
いかに良いライブを「文化体育館」で開催されていたかを知っているのかもしれない。

新しく、よく生まれ変わってくれることを期待する。
posted by ariel at 11:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅白の視聴率に思う

紅白の視聴率に思う
ここにきて
安室奈美恵、桑田さんと
まあ当然のラインアップが揃ってきたと思いますが
これで視聴率何パーセントくらい上がるんでしょうねえ?

周りの人と今年の紅白のなんちゃって視聴率を語り合ったんですが
まあ増えない、が一番多かった。
もともと安室さんを観たいが紅白を観ないという層が
いないという判断です。
今回
すごい視聴率悪いとみます。きっぱり。

そろそろ何かに特化したほうが受けるかもしれない。
まあ視聴率の問題ではなく
いい曲がないんです。最近。
ですからオリンピックの番組テーマ曲
2曲も入るわけで。
全く意味ない。

というよりも上記の2人とも会場に来ないんでしょうねえ。
まあ桑田さんは横浜アリーナからでしょうからね。

私は観ないほうに決定していて
まあ今回の人選も誤差でした。

たぶん史上最低の視聴率だと思う。これは紅白がだめだとか言うのではなく
けなすつもりは全くないんですが、
時代が変わったんですね。テレビではないんです、すでに。
逆に行って
北島三郎さんとか出したほうが視聴率では良い影響があると思う。
まあ、結果が楽しみです。
posted by ariel at 00:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

spotfiy 世界音楽めぐり

spotfiy 世界音楽めぐり
最近、surfaceにおいて
今まで聞いてきた世界の音楽を
好きに選んで聞くことを楽しんでおります。
オバマ元大統領の好きだった「ドナサマー」あたりから入り
(当然このころのヒット曲、みんな聞いてました、楽しかったなあ)
ブルースに入り
「バディガイ」「ジュニアウェルズ」たち、
そのあと、女性も聞きたくなり「ココテイラー」。
みんなアメリカで聞きに行った人たちです。
その年に
そういえば「ジョニーウィンター」もNY郊外まで聞きに行ったなあと
聞きました。
すごいのは「プロフェッサーロングヘア-」なんてマイナーなブルースのピアニストまであった。
さてと世界巡りでもするかと
中南米へ。
「ティトプエンテ」「ザビアクガート」などを聞いて懐かしいなあ、と一人で感慨に。
そして、「ブエナヴィスタ」ちょっと前に流行りましたね。
中南米まで行ったらということで南米。
「カエタ-ノヴェローゾ」彼のライブはいいんですよ。
フェリーニのオマージュのライブなんかも良かった。
そして欧州に。
ポルトガルのファドもかなりラインアップされてました。
そして
フランス。シャンソンを聞いておりましたが
映画音楽に。
「突然炎のごとく」
のジャンヌモローの歌声に酔い、François de Roubaixの音楽。
いいですねえ。何回聞いたことか。
何回あの映画を観たことか。

ダリダとアランドロンなんて懐かしく聞きました。
そしてミッチェルポルナレフ。コンサート行ったことあります?
何回も日本に来てくれた。
行かないと損しましたよ。60年代のローザンヌのライブがたくさんありました。
これは初めてだったので保存しましたよ。



オランピアでのライブを何人かで聞いて、北欧に。
そんな感じです。
posted by ariel at 11:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「翼をください」「あの日に帰りたい」「時代」など

「翼をください」「あの日に帰りたい」「時代」など
今のバンドのみならず、良いと言われる音楽を私も年甲斐にもなく
聞くのですが
どうも、昔の曲と比べて歌詞から想定できるシーンというか場面が浮かんでこない。

なにか自分が同じ時代だったというためなのか?と自問することが多いです。

まあ何を言ってもおじさんが何かを言っている、となるのでしょうが
「翼をください」を聞いて何も感じないのだろうか?
とか
「精霊流し」を聞いていろいろなシーンを頭の中に浮かべないのか?
とか
「あの日に帰りたい」「卒業写真」になにも共感しないのか?
あの日に、、、何も思うことがないのか?
卒業した後に、変らないでいてほしいなんて、たまらないですよ。

「時代」に何も感じないのか?

他にもたくさんある。
確かに中島みゆきと井上陽水は独自の世界がありすぎて
今でもぶっ飛んでいるので、若い人に共感を求めない。
しかし
今の音楽で
すごく共感できたのは、少し古いですが
尾崎豊が最後か、ブルーハーツあたりまででしょうか。
またはドリカムかな。
本当に
30年でもいいから
残っている歌は少ないと思いますよ。
まあ年寄りのぼやきですよ
posted by ariel at 00:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

渋谷の地下でご婦人と若者衝突

渋谷の地下でご婦人と若者衝突
昨日になるんですが
渋谷の地下で
ちょうど30歳くらいの若者と
デパート帰りの女性が私の目の前で
すれ違ったのですが、
クロスしそうだなあ、と思ってみながら
歩いていたんですが、
持ち物同士がぶつかったんです。
しかし、男の若者はそのまま知らんぷり。
ご婦人は立ち止まって中を確認しておりました。
私もさすがにあれはないよな、と思っていたんですが
あれだけ早く歩いて去られると、どうしようもない。
なんというか
今どき、本当にすれ違うのも大変なことなんです。

もう一つ言いたいのは
今、人を避けないで歩いているので
ぶつからないように気を付けてください
posted by ariel at 11:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

渋谷のドン・キホーテの裏

KIMG0006.JPGKIMG0006.JPG渋谷のドン・キホーテの裏
28階建て 8日公示で建設が始まっております。
本日ちょうど前を通ったときに
気が付きました。この場所は
ご存知の方がいると思いますが
渋谷ではラブホ街の入り口みたいな立地。

とにかく、NHKの前も
マンションが建っている時代
渋谷はどんどん変わろうとしていますね。
しかし
ドン・キホーテの裏は
ホテル(まともなホテルだと思う)などの商業施設とあったが
何ができるんでしょう?
しかし楽しみです。

閑話休題

この近くに
ライブハウスがあるんですが
本日、
「指名手配ポスター」みたいな演奏者のポスターが
貼ってあったんですが
それを警官たちがガン見していたのには
笑えました。
そこに
ネズミが横切ったのには
演出か、と思ったほどです。
ご報告まで
posted by ariel at 21:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今は人は助けてくれない

今は人は助けてくれない
なんというか冷たいようですが、
今は人は他人に対して無関心の時代です。
また関わってはいけない、という感さえある。
体調が悪いなら、まず声を出してみるか
余裕をもって出て休憩しながらでもいいから
早めにつくようにしてください。
そうすれば各駅電車にも乗れる。

体調が悪いならば降りて休憩もできる。

まず自分で、どうにかしなければならない。

あと、個人商店は意外と
逃げ込めると思います。
これはいざというときに
商店街の機能だと思うのですが
商店主はいろいろな経験をしているので
意外と、救急車呼ぶとか
いろいろと助けてくれる場合が多いと思います。

そういえば、昔、
当然のように入ってきて
トイレだけ入って出て行ったお年寄りがいたのを思い出しました。

体が資本。体さえ元気ならば何でもできる。
体が悪いと金銭的余裕があっても何もできない。
まずは
倒れないようにすることです。がんばることとは違う。
posted by ariel at 10:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする