2018年04月15日

SONGS「ユーミン」今年のツアーは大事ですね

SONGS「ユーミン」今年のツアーは大事ですね
昨日SONGSを見て驚いた。
あのユーミンが、昔の歌を歌う。それもSONGSで。
かつ動かない。表情もなくなってきている。
また
どうでもいい、どこかの散歩紀行みたいな構成も
歌を減らしたいのか?と勘繰ってしまう。
当然声も出なくなってきている。
もともと彼女には声を期待はしていない。しかし
劣化の度合いがひどい。
全体から出るオーラも初老のものである。
でも年齢を考えれば当然。
ユーミンは年を取らない、なんていうのも幻想なのだ、と実感させられた。
早速調べて今年のツアーを見た。
ベストアルバムツアー。これは、過去の切り売りに入っている。
ライバルの中島みゆきばかり、最近見ていたので
ここまで、すべての歌を歌いに入っていると思わなかった。ユーミンは過去の歌を歌わないので
かっこよかったんだが、、、、。
そして最近はホールツアーで
かなりの公演数をこなしていた。それが
サザンなんかと違って好きだったのだ。
近くの県民ホールにも来てくれたし、数日間県民ホールで公演をしてくれていた。
最後に行ったのが
トノバンとの合作の曲が入ったアルバムツアーだったと思う。
まだそれこそ動き回っていた。シャングリアのイメージさえ公演にはあった。
ホールツアーからすると
若干大きめのホールで公演数を減らしているのも体力的な問題なのだろうか。
しかし彼女の過去の曲はすごく良いので
もう発売前から売り切れているんでしょう。言っている意味が分からないかもしれないが
昨日検索して
発売前にして
もう無理、買えないと思いました。そのくらい本当のファンが、ガチのファンは数回でも行くツアーとなると思う。

私もチケットはトライはするが、まあ数秒であきらめることにあるでしょう。
素晴らしい彼女なりの美学のある楽しいコンサートになるように心から期待するし、完走しきってもらいたい。

帝国劇場のあのシリーズもいやなものは感じていたんだが、
最後までクリエーターでエンターテイナーな部分で突っ走ってほしい。
チケットとれる気がしないんだが、取りに行きます。

今年はサザン、ユーミン、中島みゆきになってしまいそうです。下手にバレエのチケットとかオペラのチケット
買っていなくてよかった。表現は今どきよくないのかもしれないができうるお金は出します。
先日の「荒井由実 with ティンパンアレー」も感慨深いものがあったんだけどねえ。
「いちご白書をもう一度」が出たとき「いちご白書」という映画を一生懸命に探した記憶が
今になってよみがえり、そのころの仲間も思い出しながら書いております。
長い活動をしているアーティストの曲には、この各自の思い出を思い出させてくれる力がある。
ユーミンの曲にもとてつもない力がある。
posted by ariel at 11:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする