2019年08月30日

ラグビー:アイルランド対ウェールズ、明日

ラグビー:アイルランド対ウェールズ、明日
完全に前哨戦です。
明日、アイルランドとウェールズの試合に注視しております。
この結果いかんでは、
いや、アイルランドが先日のイングランド戦みたいな負け方をすると
日本にも期待をしてしまうし、
ワールドカップの準決勝を買っている私からすると
組み合わせを再検討しなければならない、と思うようになる。

しかしアイルランドは
サッカーの時も横浜でドイツ相手に壮絶な試合をしたし、
地力はあると思うんですよ。

同じく
明日
フランスとイタリア戦。ここで今回のフランスの今回の強さがわかると思う。

そうです。完全に今回は北半球びいきになっております。

南半球では
豪州とニュージーランドは1勝1敗。
南アフリカは優勝と、

またここが中心の大会になるんでしょうが、
だから
上記の
アイルランドとウェールズ、イングランド、そして日本を
応援しております。

でも決勝が上記の可能性は十分にあると思う。その時は決勝チケットは
余る?
そんなことはない、アイルランドは世界から集まる。

私は、新しい会場たる日本で
どこでもいいから初優勝を期待しているんですよ。

新しい場所で新しい扉は開かれなければならない。
posted by ariel at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐藤千亜妃&ビッケブランカ BY ZOFF 

佐藤千亜妃&ビッケブランカ BY ZOFF 
公式サイトはここ
https://www.zoff.co.jp/shop/contents/zoffrock2019.aspx

 まあ、楽しいイベントでした。
時間の制限があるみたいで、(会場は22時までで料金設定されているのでかな?)
押して、少し音楽がアンコールとかなかったのが残念でしたが
いろいろな抽選とか、ワンドリンク付きとか
至れり尽くせりで
すごく雰囲気作りは良かったです。

ZOFFはどこに向かっているのだろう?とも思わせるイベントでした。
確かに顔は
その人の第一印象を決めます。さらにそこに
ファッションという概念を入れるなら、カラーコンタクトとかアイウェアはかなりの比重があると思う。

この方向で、どんどんファッション性を押し出していくのでしょうか?その延長で
生活の一部として音楽も提案するという感じでよろしいのではないでしょうかねえ。

感想としては
前半担当の佐藤千亜妃さん。

すごく至近距離でしたので
意外と小柄だなあ、というのが第一印象。
あとバンドのメンバーの演奏がしっかりしているというのが
すごい収穫でした。
あのドラマ-はうまいなあ。ベースもしっかりと合わせていたし、
ギターに至ってはもともとアイウェアをかけている人かわかりませんが
すごく決まっておりました。
ギターの音色もたまにディストーションを効かせて、
椎名林檎の、あの徹夜明けのあと外に出たら太陽がまぶしくて、とかいう歌の雰囲気も
(すいません題名が出ません、ほぼデビュー曲)あって
バンドの音はうるさくはしないけど、抑え気味でもすごくやりたいことがわかる、
うまい演奏でした。あれはうまくないとできないんだよなあ、と思う。
佐藤千亜妃さんは
独特の世界観があった。これを作り切って余裕をもってライブができるようになると
また伸びていくと思います。
私の興味はこのバンドメンバーと長いつきあいなのか、この夏のメンバーなのかということです。
彼らはうまかったからねえ。
ただ、観客は
あとから出てくるビッケブランカ寄りの人が多いのを察知していて、
「ライブのノリの部分は後半に任せて、、、、」みたいな発言もあった。
このようにすこしアウェイ感がある中での舞台だったことは否めません。

セットリスト
1.Prologue
2.太陽に背いて
3.Summer Gate
4.Lovin' You
5.猫とアレルギー
6.大キライ
7.キスをする


「Lovin' You」 から きのこ帝国の 「猫とアレルギー」 すごい絶叫もある 「大キライ」
の流れは良かった。


後半
ビッケブランカ。
ミキサーがPAのバランスをとり切っていないので音が割れるのはかわいそうでした。
ただこの会場のPAは低音がどんどん来るので、迫力は満点。

雰囲気を持っていくのはうまくなっていると思う。
そして矢継ぎ早な音楽で
盛り上げていくさまは圧巻でした。
まず
セットリスト

1.Ca Va?
2.ファビュラス
3.ウララ
4.夏の夢
5.まっしろ
6.Slave of Love
7.Black Rover
8.Ca Va?

今年は「Ca Va?」ツアーなので、問題ないセットリストです。
一緒に行ったものも、このワードに敏感に反応して、
帰り道でも
Ca Va?とか使ってました。

まあ、彼らはこの後の1年でどんな楽曲を作れるかです。
そこで伸びていくのかどうかが決まります。
大物になってきたミュージシャンはこのタイミングで
また惹きつける楽曲を出してきているのです。ですから
この1年が勝負でしょう。
ライブの雰囲気は
昔で言う「米米CLUB」みたいに楽しませる感じですが、あそこまでサービス精神はないね。
そして、もっと煽って行かないと
2時間3時間のライブでは中だるみするなあというのが感想です。
私とすると3時間飽きさせないバンドになってもらいたいです。
ということは
Ca Va?
なんて15分間バージョンとかあってもいいのでしょう。
そういえば
ビッケブランカさんは
まさに今上映されている
ロケットマン
公式サイトはここ
https://rocketman.jp/
のエルトンジョンにもインスパイアされたと聞いた記憶があったが(これ違ったらすみません)
エルトンジョンのThe Whoの「Tommy」という映画での(ケンラッセル監督で公開当時は
観に行きましたが、客席ガラガラでした)
「ピンボールの魔術師」、あの感じの曲をやってもらいたい。あの曲はいいなあ。

感想に戻って
こんな感じで
ライブ中、いろいろなバンドを頭によみがえらせながら
彼らのノリの良い音楽を楽しんでました。

バンドのメンバーも
観客をノセるテクニックもあり、一体感はあった。
というよりも
観客のかなりの部分がビッケブランカ目的でしたからねえ。
少し偏った感がありました。

先月のJWAVEのライブなんかでは
オープニングアクトであって
いわゆる若手先発隊だったのでその分、キレキレの演奏でしたが
今回は落ち着いていました。自分たちのやりたい事が出来る、ということもあるんでしょう。

こんな感じで
楽しいバンド対決でした。

それと上野公園という地名から(地名で上野公園というところに住んでいる人いるんですねえ)
根岸を散策したのですが
東京芸大っていい場所にやはりあるなあ、と思った。あそこでの学生生活って面白いだろうな、と思いました。

こんなにいい機会を作ってくれて
ZOFFさん、ありがとう
posted by ariel at 11:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

本日:御徒町から上野近辺

本日:御徒町から上野近辺
暑いので気を付けてください。
またイライラすることもあると思いますが
冷静に対応してください。
たぶん、相手の方もイライラしている感じのこのところの天気です。

さて、
8月もなんだかんだで忙しくなりましたが
本日はこれから
御徒町に出かけて上野に向かいます。

最近は東京の下の方ばかりで
神田とか、秋葉原
御徒町、上野、
などが多いのですが
それはたまたまでしょう。
また新宿、初台、渋谷ばかりの時もあると思います。

着替えも持ち、ボディタオルも持って氷も持って
飲み物万全で出かけておりますので
かなり重たいです。

また何かありましたらご報告させていただきます。
では。
posted by ariel at 13:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

「蜜蜂と遠雷」コンサート AT オーチャードホール

「蜜蜂と遠雷」コンサート AT オーチャードホール
公式サイトはここ
http://www.reading-mitsubachitoenrai.com/

初日の記事
サイトはここ
https://enterstage.jp/news/2019/08/012767.html

物語については本を参照ください。実際に舞台では語られるのですけど、
その内容には触れません。

まあ、きれいにまとまっているなあ、というのが率直な感想で
千住さんが、いろいろな人の特質をうまく引き出すとこのような形になるのか、というのは
よくわかりました。

別に
若手のsinger(そういう言い方でした、アーティストとは言っていない、これは
リーディングでそれの語り部だからでしょう)
にすり寄っているわけでもなく、今ある、世の中の動きで
JPOPも欠かす事が出来ないという判断も入るでしょう。きっとね。
そして今のメインストリームにいる人たちを使って
この物語を表現できないか?ということの回答の提示だと思います。
その点ではきれいにまとまった公演だったと思います。
私個人的に気に入った点は
あの暑い中、渋谷から東急本店まで歩き、オーチャードに入って涼もうというとき
舞台上に
きれいな森が出現していてすごく気持ちが和らいだということが特質する点でしょうか。その途中、
渋谷の地下道も、いつ変わったのか気が付きませんでしたが、私は半蔵門線経由で到着しました、
茶色をベースに配色されて、これもいいなあ、と思っておりました。その延長で
舞台上の森のライティングは清涼感があった。
この気持ちがあったから、物語にも入って行けたと思う。

個別のsingerは三浦大知さんに関しては
上皇ご夫妻の前で演奏されたことの思い出話などが入り、それも面白かった。
きっといつの日かその時の空気感から感じたことを皆様にお伝えしたいという趣旨の内容を千住さんはおっしゃっておりました。
それと家入レオさんは、結構良かったです。彼女の歌も入り、中村中さんの歌を一緒に中村中さんと歌うところあたりはすごく良かった。
この中村中さんは「歌縁」以来ですが、今回も良かった。ずば抜けてました。
この人は確変する人でしょうね。何か他者の追随を許さないポジションを獲得すると思います。
その意味では中島みゆきさんの夜会にできる限り出る機会があるならば、出てほしいです。

あとコンチェルトは
プロコフィエフとバルトークの
共に第一楽章。

そういえば
この公演、毎回、歌う歌と、組み合わせが変わるらしい。ということでほかの日は知りません、となりますが
この2つの曲と楽章は変わらないでしょう、と思う(調べてません、汗)
ともに良かったです。

バルトークの曲はいつでも、気持ちを持っていかれて、
どこか自分の内面に放り出されて、不安定な気持ちになるのですが、その感じも若干感じられた。

バルトークのピアノ曲なんて
グリモーの前は松浦さんくらいしか聞いていない、というかお金を出して聴く気になれなかった、くらいなんで、
意外に良かったのが意外でした。これって感想になっているかなあ。

ただ一点、すこし言いたいのは
千住さんの指揮とオケの演奏があまり、イメージで重ならないというか、
オケは事前に作りこんだな、というのは残りました。これ意味不明ならそのままで結構です。

そして帰り、センター街
あの暑い中みんなゆっくりと歩いているなあ、と思ったのと
横浜についたときの温度からすると3度くらいあそこは高かったと思う。もう町自体が発狂しそうでした。
そう言った面でもオアシスなオーチャードホールの時間でした。
posted by ariel at 15:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

Windows 10 Insider Preview 18956.1000 (rs_prerelease)190803-1414

Windows 10 Insider Preview 18956.1000 (rs_prerelease)190803-1414
またupdateがありました。
これはインストールが行われるまで時間がかかりましたが
私の方のドライブの空き容量の問題でしょうかねえ。
一応そのように解釈しておきます。これはアップデートが終わったならば
子細な問題なので。

ところで頻繁に起こっていた
サーマルスロッティングにおいてはCPU使用率を制限する方向で
対応してます。
あと
3165497問題の画面のファントムタッチについては
今回までで少しは対応できている感じはする。
この数回の中で
アップデートで一番効果があったような気さえする
今回のアップデートです。

ただ、ユーザーである私も
熱をこもらせないように、使い方や、
設定に努力をしているので
また少し道具からはかけ離れたかもしれない。

ここが一番大きい問題だったので
とりあえず報告まで
posted by ariel at 13:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

ZOFF ROCK 当選

ZOFF ROCK 当選
公式サイトはここ
https://www.zoff.co.jp/shop/t/t1545/

 少し前に当選通知が来てチケットも到着しております。
今回の対バンは
少し異色の組み合わせという感じもする。

この2組ともこの夏はいろいろとフェスにも出ているみたいですし、
動けるうちにどんどんアピールをするのもいいと思います。
たぶん、
佐藤千亜妃さんの方がビッケブランカの曲に合わせてくるんではないでしょうかねえ。

ビッケブランカは先月のJWAVEのライブで聞いていて、
もっと聞きたい感じでしたので、
楽しみです。


会場は今までも使っているところです。
そして、アイウェア着用が入場の条件。
もちろんチケットを持っていることも、あと音楽が好きだということかな。

さてと
8月も後半いろいろと入ってきた。
posted by ariel at 12:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

ワールドカップラグビーチケット買えました

ワールドカップラグビーチケット買えました
公式サイトはここ
https://www.rugbyworldcup.com/
昨日から最後に近い販売がスタート。
初めて購入画面を見ました。

実は横浜市民枠もあったのですが
昨年から、取れないチケットばかりのコンサートが頭にあり、エントリーを忘れておりました。
かつ
いまだかつて周りで
ラグビーの話題をする人がいない。
なんて言ったって
近所ではオリンピックでさえ申し込んだ人がいない。
ラグビーなんて、、、という雰囲気です。

しかし
私は虎視眈々と狙ってました。

本当につい先日まで
ほぼ完売していたのですが
昨日見た景色は全く違っていた。
選べた。

決勝にしようと思ったのですが
いまいち値段と席の位置が合わずに
準決勝を購入した次第です。

あと横浜では
イングランドとフランス戦という悩ましい試合があったんですが
一応、
今までの経験から早く決済しないと、と焦ってしまった。
そのあとの行列は
ニュースになってます。

まあ予選は予選ですからねえ。
しかし8月は8日がオリンピックの追加販売
10日がワールドカップラグビーとスポーツのチケット関係が多い。

わたしはラグビーのチケットを購入したため、
ゲルギエフのマリインスキーオペラのサマーキャンペーンはあきらめ、
パソコンのインテルの新しいCPUの製品を待つばかりです。
今安売りをしておりますが
このインテルの台湾での見本市を見る限り、
今買うのは違う。
今は待ちです。

ということで
オリンピックは買えなかったし
その昔、サッカーのワールドカップも買えませんでしたが
ラグビーに行こうと思います。
決勝戦の観客の日本人比率、低いらしいです。
準決勝は組み合わせでドタキャンあると思うけど、勝ち上がってくる4つのチームって見当つきますよね。
それは硬いと思うし、間違って日本が勝ち上がってきたらとてつもないことになる。

それとすごく重要な話題を。
えっこの席でいいの?という席でした。
何回
日産スタジアムも座席表を見ても
今まで売り切れだったのは何なんだ、と思う。
そんな席です。個人的には通路も近いし入退場口も近い。

ライブでスタンド席でもここならギリ、文句言えないという席でした。

これすごく重要な、知りたい人にはすごく重要な話題です。

国際の方からの戻りチケット意外と悪くはない印象でした。選んじゃいましたから。
ラッキー。

日本戦に関しては静岡県民、愛知県民行った方が良いと思います。特に静岡、根性の試合になると思います。
絶対に後悔しないと思う。これが余っているんだ。まだね。しかし甘く観ていると売り切れます。
posted by ariel at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

オリンピックチケットのエントリーは難しいねえ

オリンピックチケットのエントリーは難しいねえ
再挑戦が始まりましたが
自分が落選した競技は一切再販売がないことがわかりました。

それで近場で野球でもと観たんですが
敗者復活戦がメインで
どうもチケットが高い。
いや、チケット代金は前回と変わらないんですが
もう、すでに自分のモチベーションが違うということに気が付いた。
いわゆる余っているに近い中から買うという行為の
気持ちの高ぶりのなさは半端ない。

5月時点で驚いたのは
トランポリンを落選したという人がいたとか、それに似た話で、
私とするとチケットをもらっても行かないだろうな、という競技
の落選話が多いこと。
唯一、かなりの人に聞いて、
私の申し込んだ競技の当選した人が2名いた。
しかしその二人とも人生においてその競技と何ら縁がない人なんです。

なんで申し込むかなあ?と思っていたのですが
それがオリンピックなんでしょうねえ。

私も先日
新国立競技場の前を通ったら、
さすがに1年以上も工事現場を観ていると
あそこで見たいなあ、という気持ちが起きました。

それとともに作るからには
やはりいいものを作りべきだなあ、頑張れ、工事の人、
と思ったものです。

ということで
ハマスタでさえも
エントリーする気になれなかった。

しかし
選手には頑張ってほしいです。
目標金メダル6個くらいかなあ
柔道で勝てるかどうかでしょうかねえ。
海外勢、確実に日本で柔道の金、狙ってますからねえ
リオの方がメダルの可能性の選手が多かったので
目標は6個です。

頑張れ。銅メダルが多いというのは多分今回も当てはまると思う。

先日の新国立競技場を歩いたとき、あまりの暑さに
マラソンで1,2位とかとれるかもしれない、と思ったが
暑さ対策は出場が決まったら当然やるんでしょうねえ。
歩いているときは半端な暑さではないから、危険なマラソンになるな、と思って
それを知っている日本選手有利と思っていたんですけど、
冷静になると、自力がでるかなと。
posted by ariel at 12:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

セブンpayなどからQR決済について思う

セブンpayなどからQR決済について思う
セブンpayの一連の騒動は
少し滑稽だったかもしれない。使い勝手を考えて
セキュリティを甘くしたら、ターゲットになった、という感じでとらえている。
私個人的には
開発段階で、重要コードがネットにあげられていて
構造がすべて周知されたので
狙われやすくなったとしか思えない。これは開発元の責任で
なんでこういうこと平気でできるかな?と思ったものです。
このこと自体、日本人にセキュリティ意識が低いと思わされる。それで
向いていないのかもしれないと。
ちょっと前まで
日本人はおつりを間違えない民族だと自慢げに話している人が多かった。
しかしいざキャッシュレスとなると
その特性は全く役に立たなくなる。ですから
すごく危ない状況は今後も続くでしょう。

私は思うんですが
セブンイレブンも独自開発ではなく、すべてのQR決済を使える、その時に
その利用度合いから、毎月nanacoポイントをつけるレートを公表したりして
(例えば、linepayが多かったならば、その使用にアドバンテージを付けるなど、独自のサービスをする)
全ての決済をウェルカムの状態で十分戦えたのではないだろうかと思う。

このことは今後どうなるのか、わからないが
もう一つ気になる点がある。
それは
独自のポイントサービスもアプリになっていてQRやバーコードを読ませる。
そして、決済になって、決済アプリを提示して決済する。
いわゆる二つのアプリを提示しなければならないのだ。
例えば簡単な話
モバイルTとpaypayとかの組み合わせです。

自分で使っていて思うのだが、
このポイントを貯めて、決済はこれにする、という
この支払における自分の選択的グルーピングを支払いの待ちの段階で
作れて、
それを1度だけ提示するだけで済ませる事が出来ないものだろうか?

こんな私でさえ考えつくのですから、誰かが開発しているんでしょうが
一回で済むことのメリットはすごくある。
決済業者も
いまは銀行残高とクレジットカードで付与ポイントが違うように
組み合わせるポイントカードによって付与ポイントも変えてもよいと思います。

そうすると逆に何回も支払いグルーピングを作ることによって
スマホの中でこの支払の最適解を提示してくれるようになるのは簡単に浮かぶ。

今の時代マイバックで自然保護、ごみ軽減のため包装紙がなくなっていて
かつ
この猛暑なので普段荷物が多いので
小銭を扱わない支払いがいかに楽かを享受しているので
より良い支払いパターンを考えてもよいと思う。

かのFBは新しい通貨軸みたいなものを作るという。参加企業だけ見ても
その中で流通しただけでも十分に貨幣代替物として使えると思う。

日本も新しい地平を切り開いていく必要があります。この30年
常に他国からの導入ばかりですので
もっと押しが強くても十分かと思います。
posted by ariel at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。