2019年08月04日

セブンpayなどからQR決済について思う

セブンpayなどからQR決済について思う
セブンpayの一連の騒動は
少し滑稽だったかもしれない。使い勝手を考えて
セキュリティを甘くしたら、ターゲットになった、という感じでとらえている。
私個人的には
開発段階で、重要コードがネットにあげられていて
構造がすべて周知されたので
狙われやすくなったとしか思えない。これは開発元の責任で
なんでこういうこと平気でできるかな?と思ったものです。
このこと自体、日本人にセキュリティ意識が低いと思わされる。それで
向いていないのかもしれないと。
ちょっと前まで
日本人はおつりを間違えない民族だと自慢げに話している人が多かった。
しかしいざキャッシュレスとなると
その特性は全く役に立たなくなる。ですから
すごく危ない状況は今後も続くでしょう。

私は思うんですが
セブンイレブンも独自開発ではなく、すべてのQR決済を使える、その時に
その利用度合いから、毎月nanacoポイントをつけるレートを公表したりして
(例えば、linepayが多かったならば、その使用にアドバンテージを付けるなど、独自のサービスをする)
全ての決済をウェルカムの状態で十分戦えたのではないだろうかと思う。

このことは今後どうなるのか、わからないが
もう一つ気になる点がある。
それは
独自のポイントサービスもアプリになっていてQRやバーコードを読ませる。
そして、決済になって、決済アプリを提示して決済する。
いわゆる二つのアプリを提示しなければならないのだ。
例えば簡単な話
モバイルTとpaypayとかの組み合わせです。

自分で使っていて思うのだが、
このポイントを貯めて、決済はこれにする、という
この支払における自分の選択的グルーピングを支払いの待ちの段階で
作れて、
それを1度だけ提示するだけで済ませる事が出来ないものだろうか?

こんな私でさえ考えつくのですから、誰かが開発しているんでしょうが
一回で済むことのメリットはすごくある。
決済業者も
いまは銀行残高とクレジットカードで付与ポイントが違うように
組み合わせるポイントカードによって付与ポイントも変えてもよいと思います。

そうすると逆に何回も支払いグルーピングを作ることによって
スマホの中でこの支払の最適解を提示してくれるようになるのは簡単に浮かぶ。

今の時代マイバックで自然保護、ごみ軽減のため包装紙がなくなっていて
かつ
この猛暑なので普段荷物が多いので
小銭を扱わない支払いがいかに楽かを享受しているので
より良い支払いパターンを考えてもよいと思う。

かのFBは新しい通貨軸みたいなものを作るという。参加企業だけ見ても
その中で流通しただけでも十分に貨幣代替物として使えると思う。

日本も新しい地平を切り開いていく必要があります。この30年
常に他国からの導入ばかりですので
もっと押しが強くても十分かと思います。
posted by ariel at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。