2018年06月29日

ワールドカップ:采配について

ワールドカップ:采配について
昨日の采配、かなり辛辣な意見が多いですね。
まあ、もうひと試合、途中経過のまま終わることを期待しての
賭け、に勝ったのです。
引いている、とか、消極的だ、という意見に対して
昨日の采配は、時の経過による変化が起きないということに
賭けているということは事実です。

 次の試合に勝って結果を出せばよいのです。
次の試合、倒れるまで走りまくって
勝つしかない。
「確実に勝つ」そのための布石を打った、と選手自身は自信を持ってほしい。
その分必ず勝つ必要がある。
そしてブラジルと
試合している姿を観たいですねえ。
ブラジルと限ると怒られそうですが

あの、前園と中田たちのチームでの
オリンピックでのブラジルからの勝利は忘れられない。

夢は広がりますが、
まずは次の試合の布石は打てました。
頑張れ。

昨日の視聴率いいんだろうなあ。きっと。
posted by ariel at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神奈川大会:夏の高校野球

神奈川大会:夏の高校野球
読売新聞で
今年の夏の大会の各校の紹介が
載っているが
少なからず
部員が9人から12人くらいまでという学校が
散見される。
9人って
いざというときは
諦めるしかないんでしょうねえ。
また得意のポジションというわけでもないんでしょうねえ。

こういう高校が会場
ハマスタにあたると一生の思い出になりますね。
いま野球は斜陽スポーツなんだなあ、と思う。
posted by ariel at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界バレエフェス:ガラ落選

世界バレエフェス:ガラ落選
まあ
人気があるし、たまにしか抽選に当たらないので仕方なし。
私の気合も入っておりませんでした。
外れたらそれでいい、という感じでしたから。

A,Bプロ購入者に枠があったみたいですが
今までもそうしてほしかったですねえ。
まあ一般販売も
トライしません。
今回は縁がなかったということで。

国内アーティストの
もっと倍率が高いのばかり
今年は狙ってますから、
まあ運しだいという感じで流していきます。

バレエやオペラ系では唯一抽選の公演でした。
それを外したか。
残念。
他の公演は何時でも買えるからねえ。

ただ、今後方向性を考えたほうが良いとは思います。
こんなに、外れたか、今回はなしだな、と思えるのって
今までそうそうなかったからねえ。

みんな老けちゃったんだよ。
それが見なくてもよい理由。
はっきりしている。
posted by ariel at 10:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

週刊新潮:週刊文春

週刊新潮:週刊文春
読売新聞ですが、ぶつかるように今週号の広告が掲載されている
いつものことだが
週刊新潮の記事について。
公式サイトはここ
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/
「食べてはいけない、、、、」
とある。
対して
週刊文春
公式サイト
http://shukan.bunshun.jp/
「週刊新潮」食べていけない、、、本当か?

すごいバトルですね。

確かに「週刊新潮」の方に
具体的に「ランチパック」とか書かれていると
これ大丈夫なのか?と
製造元と出版社との関係を心配してしまうが
それを
超えて
喧嘩売っている。

まあ言えるのは
食文化が危ないというのは
なんとなくわかるが
それでも生涯寿命100歳時代と言っているという矛盾。

オトナになり切れていない中高年が増えているというだけのような気がしているが。

まあ本題に戻って、週刊誌バトル、どうなんでしょうかね?
posted by ariel at 13:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界バレエフェス:ガラ:どうかな?

世界バレエフェス:ガラ:どうかな?
公式サイトはここ
https://www.nbs.or.jp/stages/2018/wbf/gala.html

本日抽選発表。
まあこの段階で
当たるのは数回に一回。
今回はどうですかね。

ただ、少し今回は
ベテランガラの様相なんで、
人気のほどはどうなんでしょう?

ファニーガラは
ゴメ子が参加してきたから、大丈夫だと思うし

問題は手ぬぐいですねえ。
3回連続とっているだけに欲しいですねえ。

まあ抽選発表はどうなんでしょう?

ちなみに
世界バレエフェスの公式はここ
https://www.nbs.or.jp/stages/2018/wbf/index.html

プロモーションムービー、前回UPされていたやつの抜粋ですが
懐かしいですよ。

posted by ariel at 12:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年は冷やし中華が多い:あとナスがおいしい

今年は冷やし中華が多い:あとナスがおいしい
今年の冷やし中華のペースは
8月ごろに飽きてしまうペースで食べております。
わかめが入ることで、
なにかスタミナが付く感じですごく気に入っております。
ハムとか焼き豚も大事ですが
ここまで暑いと
キュウリとか卵が重要です。
特にキュウリはわかめと合わせて
タレと絡めて
わかめ酢みたいな感覚。
あと例年になく
キャベツを冷蔵庫に入れております。
何かあると
千切りキャベツにして、
玉ねぎや、きゅうり、ニンジン、アスパラ(贅沢な時)コーン
などとともに野菜をとる感じ。
キャベツは安いですから、
今は食べ時です。トマトなんかと一緒でも夏だなあ、と思う。
それに
ナス。
本日はナスを
マーボーナスにしました。
焼きナスでもいいし、
ナスやトマト、キュウリを食べて夏を乗り切りましょう。
地震が来るので
その時まで体力は維持ですよ。
posted by ariel at 11:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

朝からラブホですか。ふーーー

朝からラブホですか。ふーーー
本日、朝、仕込みしてから
ちょっと店を抜けて買い物に行ってきたんですが
その時、ラブホ街を通ったんです。
すると1組の男女、年頃は
40代かなあ、が堂々とラブホに入っていきました。
私は自転車なので
意外と遠くから彼らの動きは見えていたんですが
周りを気にするというよりも
暑くて顔がねじれていた感じです。

いま店に戻って
料理を作って
今これを書いているので
かれこれ40分くらい前でしょうかねえ。

朝早いですねえ。
というよりも
こういう使い方をするのは
昨日から
予定を入れていたんでしょうか。
いろいろと興味津々です。

みんな遊んでいるなあ、というのが実感。
男性はサラリーマンだったなあ。
会社抜けているんでしょうかね?
まあ、暑い日の午前のネタです。
posted by ariel at 11:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

WindowsInsiderbuild17692.rs.prerelease.180609-1317

WindowsInsiderbuild17692.rs.prerelease.180609-1317
かなり、前にupdateしたんですが
それ以来edgeはほぼ機能しておりません。
だいたいedgeでネットを観ようとすると
しばらくして
「読み込めませんでした」と消える。
ですから、defaultでedgeが立ち上がるとすぐに
URLをコピーしてchromeにペーストする。
これが習慣になってしまった。
それとupdateしたら
毎回のごとく
ieは使うなという如く
タスクバーから消える。
それも毎回、タスクバーに設定して
defaultでmsnにつながるのを
自分の好みに変える設定をする。

これらのことは
ieを次のmajorupdateではなくしたいという意思が出ているんだろうな、
と思います。
ただ、ここまでedgeの安定性が悪いと

メインで使う気になれない。

また、Googlechromeとの相性も悪くなってきた。
というよりも
ネットでのセキュリティー強化のためか
サイト表示が悪くなった。

そろそろ次が出るんでしょうが
便利さとセキュリティーを備えると
まだまだ進歩の過程という感じです。
posted by ariel at 11:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サザン:セットリストはそこそこですね

サザン:セットリストはそこそこですね


ただ2時間40分弱は短い

しかし、 ツボは抑えている。
新しい曲もある、という感じ。


うらやましいのは
茅ケ崎に背を向けて
女呼んでブギ
私はピアノ

定番でよいと思ったのは
いとしのエリー
愛の言霊
MISS BRAND-NEW DAY
My Foreplay Music
LOVE AFFAIR
勝手のシンドバット
でしょうか
ここまで来たら
この定番曲は
外せないかもしれない。

来年のライブがこれで決定でないことを祈ります。

煽りの曲をもう少し、という感じでしょうか。
あと
最近年配の方のライブに多いのですが
休憩タイムはいりません。ノンストップで行きましょう。

そして3時間30分で行きましょう。
posted by ariel at 09:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

フランス映画祭「See you up there」

フランス映画祭「See you up there」
 
公式サイトはここ
http://unifrance.jp/festival/2018/
この映画はここ
http://unifrance.jp/festival/2018/films/61/
「Au Revoir Là-haut(原題)」
何気なく気が付いたことは
100年前はまだ第一次世界大戦だったということ。
逆に今後100年にいろいろなことが起こるであろうということは
考えさせられた。
そして、その大戦末期。戦争が終わろうとしているのに
死にたくはない。そんな当たり前の感情の中で
どうも、戦争が好きな上司がいたら?
そして、その男が内部で悪ふざけをしていたら?
そんなことが
戦後、犠牲になった兵士の家族に
伝わるという物語。
そのため、戦争の時と
戦争のあと、と大きく二つに分かれます。

戦争の時は嫌な上司。そして死んでいった仲間。
助けてくれた恩人。

これらの人たちの戦後の話の導入として描かれる。

負傷した兵士は?これがキーポイントで、
その後,
肉親との出会いまでを
犯罪がらみで、しかし、少しファンタジーの要素をもって
描いていくところが
この映画の幅につながったと思いました。
仮面から主人公たち3人のダンス、パーティーと
目には楽しいシーンが多いですから。

初めのうちは
戦争映画だと思ったし
途中、戦争での人間関係が錯綜して
この男は?といろいろと映画の導入部を思い出す作業を強いられたのは
事実です。でも上記のように
この映画のファンタジーの部分を楽しむほうが
この映画は正当な楽しみ方だと思う。

そして進行において、一定時期に
戦争で死んだという事実と同じ結果になってしまうのだ。
ということは、映画では
生き残って何かをなしたんだと提示したんだと思う。それで未練なくなった時
死ぬ。
そこまでの道のりの
キーワードは「サイン」。さらには「穴」。文字通り、人間が落ち込む
魔が差す穴、肉体的に落ちてしまう穴。

人の個性は何らかのサインで表すことができると思う。そして
そのサインは当事者関連には必ず伝わる。
だからサインなんです。

その個性というか、サインを
知っている人に届けられたら、気が付くだろうか?

人間は
何らかの一面で人とのつながりがあるものです。だから
気が付く人はきっといる。
それを教えられた感じの
少しなごむまとめ方の映画でした。

あ、それと、仮面はサインにはならない。仮面があって外見を変えても
気が付くこと、それがサインです。しかし
仮面というよりも人の外観って、一種の社会的主張というか住む環境も示すものである。
また、映画では主人公たちはそれを楽しんでいる
感はあった。見た目を場面ごとに楽しんで変えていた。という
ことはそのことで先ほどのサイン(人を識別する)とは別に、いい加減な要素だが重要な人を判断する
一要素である他人の先入観を歪曲させることなんだ、ということを織り込んでいる。

最後に
新聞を持ってきてくれた女の子、あれは外からの救い手
を示しているのかな?持ってきた新聞ですべて変わったからねえ。
そのあとも最後まで一緒だったので彼女も救われたんでしょう。
そう考えると社会って人とのつながりがあるからこそ
人間関係が生まれる、という当たり前のことを教えてくれる。
人間っていいねえ、そして人とのつながりってよいものだ、と感じたのも事実。
人間が出会って、そこから映画的ないろいろなことが起こったから。
人生って楽しい。そして人間って素晴らしい。正直に生きていれば
きっと報われる。そう、穴からも引っぱってもらえますよと。
posted by ariel at 10:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする